乳液の違いは?

ミルクを飲む外国人女性

スキンケアの流れを皆さんはどのように行っているでしょうか。
多くの方が洗顔をして化粧水で保水をして乳液で保湿という流れを行っていると思います。

美容に敏感な方はその後ナイトクリームも使用していることでしょう。
皆さんも知っての通り、洗顔は汚れを落としてお肌の状態をきれいにします。
化粧水は保水。お肌にたっぷりの水分と高保湿成分を与える作業です。
乳液はお肌を保湿してくれる成分を与えるケアです。

そしてナイトクリーム、これもまたお肌を保湿する工程です。これを見ると保湿が2段階もあります。

乳液、ナイトクリームやってることが同じならどちらかいらないのでは?

となってしまいますが、二つにそれぞれ違った保湿効果があるのでその点を詳しくご紹介していきたいと思います。

乳液

乳液には油分が含まれていて、化粧水によってお肌に与えた水分を角質層から蒸発させないように蓋をする役割を果たします。
この蓋の効果は保湿成分には欠かせないものです。
乳液は保湿のみで力を使うわけではありません。保湿成分と共に多く含まれるのが水分です。

乳液は保湿を行いながら化粧水では与えきれなかった水分量を調整してくれるのです。

選べば効果が変わる

保湿効果が高ければ商品はどれでも良いということではありません。
自分の肌環境に一番良い乳液を選ぶことができると「ふっくらとした肌」が手に入ります。
保湿と潤いを与えてくれる乳液なのでお肌にとってはとても大切な役割を担っていると思ってもらって良いと思います!
なので乳液選びもしっかりと選ぶことが重要なのです。

乳液の年齢

顔にある皮脂量は20歳を境にして年齢を重ねると減少していきます。
皮脂量の減少を補うためには乳液による油分と保湿効果が必要になってきます。
逆を言ってしまうと10代のうちは乳液などを使用するとお肌環境の悪化につながる可能性もあるのであまりオススメはしません。
しかし、肌環境は人それぞれ違うので状態に合わせて美容コスメを追加するなどはしていただく必要があります。

ナイトクリームで上質な保湿を!

ナイトクリームなどの商品は乳液よりも油分が多く配合されています。肌を守る美容コスメの最終アイテムといった感じ。
「油分が多い」や「ナイトクリーム」と聞いただけでベタつくから嫌だという人も多いですが、最近ではサラサラとしたクリームが販売もされているので購入時にチェックすれば防げる問題にもなってきています。

高保湿でアンチエイジング

加齢によってお肌に出てくるのはシワやたるみといったトラブルですね。
このようなトラブルが起こってしまうと実年齢よりも見た目年齢がかなり上に見られてしまったりします。
この問題を放置しておくと周囲からのストレスによって更なる見た目の老化が進み収集がつかなくなります。

その原因を治してくれるのがナイトクリームの高保湿力です。
美容成分も多く含むクリームで集中的にダメージや疲れ、細胞の補修を行ってくれます。

※ナイトクリームは夜専用のスキンケア商品です。昼間に使うと紫外線などに反応してしまい悪影響になる可能性があるので日中の使用は避けましょう。

ナイトクリームは翌日まで続く

クリームは乳液よりも油分が多いのでべたつくことが多いですが、その多い油分によって高い保湿力が手に入ります。
高い保湿力は翌日の昼間の保湿にも力を与えます。冬場などは乾燥が一層気になる季節なのでナイトクリームを使うことで乾燥から徹底防御してくれます。

乳液とナイトクリームの大きな違い

どちらもそれぞれ役割をもった保湿スキンケアですが違いをまとめるとすると、圧倒的に違うのが水分量と油分のバランスです。
乳液が水分量が多い保湿コスメ、クリームが徹底的に保湿する油分多めのコスメとなります。

お肌の状況にも合わせて二つをうまく使ってもらえればお肌を様々なダメージから守れる強い肌に整えていってくれると思いますよ。


TOP