美容液はどう違う?

不思議そうな表情の外国人女性

女性の皆さんは多くの美容商品を持っていると思います。
洗顔や化粧水、乳液……スキンケア商品だけでも上げ始めるとどんどんと商品が増えていきます。
その中で美容液というスキンケアコスメについて今回は詳しく見ていこうと思います。

美容液とは

美容液は基礎化粧品に位置づけられる商品です。
成分に保湿の促進、美白、美肌作りが可能な有効成分が凝縮されて配合されています。
毎日のスキンケアの中に正しく取り入れることでシミ、そばかすなども防いでくれます。
使い方は顔全体はもちろんですが、気になる部分に集中的に塗り込むことで普段のスキンケアに更なる効果を与えることが可能となります。

集中ケアの役割

美容液の効力は有効成分を角質層までしっかり届けるという役割も持っています。
化粧水の後に塗り込むことで化粧水の栄養素も美容液と共に角質層まで配達してくれるのです。
乾燥肌、敏感肌による肌トラブルの改善などには美容液を使ってあげると比較的早く効力を発揮してくれます。

正しい美容液の使い方

美容液の基本的な使い方は「洗顔→化粧水→美容液」です。
化粧水などの保水によってお肌を整えたあと美容液を使用、そして油分を含むナイトクリームなどを使用して美容成分が逃げるのを防ぐのが正しいスキンケアです。
商品によっては美容液を化粧水前に使用するように指示してあるものも存在しますので商品パッケージの確認は必要です。
美容液の使用は何歳から使うといった制限があるものではありません。
しかしお肌のトラブルは加齢とともに日に日に増えていくのでできるだけ20代からの使用をオススメしています。
多くの方が20代前半で社会人となると思います。

毎日の忙しさやストレスによってお肌環境が乱れてしまう前にしっかりとしたスキンケアでケアして余計なトラブルは未然に防いでいきましょう。
もちろん今トラブルで悩んでいる方も美容液の使用によって改善が早まる可能性が高いので使用を検討してみてください。

主な効果と成分

美容液の主な効力と成分もご紹介しておきます。

効力の代表はアンチエイジングです。

アンチエイジングとはお肌の老化を食い止めて美しさを保ち続けるといった意味合いの物になります。
日常生活で加齢には逆らうことができません。ですので、美容商品を使用して加齢を遅らせてあげるのです。

美容液はまさにこのアンチエイジング効果を担う存在です。

シミやシワ、乾燥肌といった様々なトラブルを改善し、予防します。
毎日するスキンケアも栄養分がお肌の角質層内部まで届かなければ効力を発揮はしません。
美容液の浸透力によって栄養分が奥の奥まで届き改善を促してくれます。

多くの美容液は美白成分を含むものが多いので使用していくことでクリアなお肌も手に入ります。
みずみずしい肌、ハリやツヤがあるお肌は女性が憧れる美肌だと思います。
正しく美容液を使うことであなたの理想のお肌がゲットできますよ。

オススメ美容成分

美容液を選ぶ時のオススメ美容成分のご紹介!

・ビタミンC誘導体

・ハイドロキノン

この二種類の成分はメラニンの生成を抑えシミができることを根本から防ぐ効果を持っています。

・セラミド

・コラーゲン

・ヒアルロン酸

・アミノ酸

保湿力に重点を置いた成分です。

美肌を求めるときにはお肌の保湿は必須事項なので保湿成分が豊富に含まれた美容液をチョイスしましょう。

あともう一つ。

美容は毎日続けることに意味があります。
毎日のスキンケアに使える価格帯の美容液を選ぶのも大切なポイントです。
美容商品はピンからキリまで値段があります……
コスメは値段が高いから良い商品というわけでもありません、お肌の性質は十人十色!
お肌に合う性質で値段もマッチングするものが一番良い商品だと思います。
自分に合った商品でスキンケアを続けていけるようにしましょう。


TOP