べたべた、さらさらどっちがいい?

爽快そうな外国人女性

美容商品で「べたべた」と「さらさら」ならどちらが良いかと聞かれるとさらさらを選びますよね。

ナイトクリームもできればベタつかないものを選びたいですよね。

最近ではベタつきの少ないタイプの美容商品が多く販売されているので使用後にベタつきで悩まされることも減っているとは思います。
それでもべたべたするという人はもしかしたら使用方法が少し間違っているのかもしれません。
ナイトクリームのべたべた、さらさらについてお話していきます。

ナイトクリームのベタつき

ナイトクリームは夜用の保湿クリームです。
スキンケアで行ったケアを保つためにお肌の表面に薄い膜を張りお肌を外的刺激から守る効果を与えてくれます。
この保湿力を上げるナイトクリームですが、その成分にはどうしても多く油分を含む傾向があります。
含まれる油分のおかげでお肌の表面にバリアができて栄養を閉じ込めてくれるのですが、お肌がべたべたしてしまいます。
クリームの効力は素晴らしいものばかりですが、べたべたとしてしまうと眠っているときにシーツがくっついたりと煩わしさがあります。
出来ればさらさらなクリームを使いたいと思っちゃいますね。

ベタつきの原因

ベタつきの原因は油分だけではありません。有効成分で名が知れている「ヒアルロン酸」

この成分もベタつきの原因となってしまう可能性があります。
ヒアルロン酸は主に保湿を助けてくれる役目をしますが、人の保湿成分は肌の表面ではなく内部に存在します。
ですので表面にヒアルロン酸を与えても肌の表面ではじかれてしまい内部に入っていきにくい性質があります。
またヒアルロン酸の分子もさまざまな美容成分と比べても比較的に大きいのも肌の表面に残りやすい傾向にあります。

※コラーゲン、エラスチンなども同様に肌表面に残りやすい傾向があります。

肌になじみやすいものを使う

ヒアルロン酸やコラーゲンといった成分の物を比較的に多く使っている人はその成分が少ないものに変更すれば改善されます。
でも有効成分を失いたくはないですよね。

そんな時は是非「セラミド」という保湿成分が入ったものを選んでみましょう。
セラミドは保湿力の高い成分で肌のなじみのとても良い成分になります。

しかし、なじみが良い分水分などで洗い流されてしまいやすいので注意が必要です。

乳液、ナイトクリームの使い過ぎ

乳液やナイトクリームは保湿力が高い商品なので使いすぎるとベタつきが増してしまいます。
お肌のトラブルを集中的に補修してくれるクリームや乳液はお肌に必要な栄養分や油分を与えるのに必要なスキンケア工程ですが、使いすぎてしまうとべたべたとしてしまいます。
使用するなら使用量をしっかり守って使用していきましょう。

美容品の選び方を徹底する

さらさらとした肌でスキンケアを行っていきたいあなたは商品の選び方を変えてみるのも一つの手です。
店頭販売している美容商品ならコスメに詳しい店員さんよりアドバイスをもらいながら商品を購入することができます。
今持っている悩みを伝えながら選ぶと改善されることが多いと思います。

お店によってはお肌の状態を測定して一番お肌に適したスキンケアコスメを提供してくれる美容専門店もあるようですので利用してみてもよいのではないでしょうか。

一人で悩まず相談してみましょう。

まとめ

べたべたと、さらさらの原因についてちゃんと考えてみると解決方法も見えてきましたね。
ご紹介した方法で大体の商品がベタベタからサラサラへ改善されるのではないでしょうか。
毎日行うスキンケアなのでちょっとした悩みも解決してより良い美容の時間になってほしいです!

原因を考えて「さらさら」スキンケアを手に入れてください!


TOP