朝のノリが変わる!!保湿力の高さとは

笑顔の外国人女性

夏の暑さも和らぎ段々と涼しくなってきましたね。

この季節になるとお鍋やウィンタースポーツなど楽しみなことがたくさん待っています♪

しかし、そんな楽しみとともにこの季節が運んでくるものがあります。それは「乾燥」です。お肌の美容にとって乾燥は天敵ともいえる存在です。

肌トラブルが起きやすいこれからの季節、お肌の乾燥やツッパリを抑えるにはどうしたらよいのでしょうか?

乾燥肌とは?

冬になってくると気温や湿度が下がり、体内の水分や油分が失われていきます。

このお肌の水分や油分が少ない状態が、乾燥肌です。

この状態が続けばニキビや、小じわ、くすみ、敏感肌などさらなる肌トラブルを引き起こしてしまいます。

これらは全て肌内部にある「セラミド」の減少により引き起こされるもので、セラミドとは細胞間脂質の主成分で、

角質層の細胞と細胞の間を満たし水分や油分が失われていくのを防いでくれます。

セラミドの減少には季節による乾燥の他に、加齢によるもの、間違ったスキンケア、食生活や生活習慣の乱れなどが原因で引き起こされます。

乾燥からお肌を守ろう!

ではどのようなスキンケアをすればお肌の美容を守れるのでしょうか?

お肌の保湿力を落とさないためにはまずは、朝のクレンジングに気を付けて下さい。

実はクレンジングに時間をかけることはあまり良くありません。

クレンジングに時間をかけてしますと、お肌への刺激となりお肌の美容に必要な保湿力まで失われてしまいます。

もちろん顔を拭くときはゴシゴシ拭かず優しく拭いて下さい。

化粧水の使い方

洗顔後はすぐに化粧水で保湿をしてあげましょう。

使用する化粧水ですが、肌の水分を維持するために必要な角質細胞間脂質であるセラミドや水分保持能力の高いヒアルロン酸、

ビタミンC誘導体の成分が入っているものを使用して下さい。

ビタミンC誘導体は、通常のビタミンCよりも角質層への浸透がよく、水溶性と脂溶性があります。

肌に吸収されると酵素の働きで活性型ビタミンCに変化し、メラニン生成を抑制する働きがあるので、美白にも効果的です。

化粧水をつけるときにコットンなどは使わずに、手でつけるようにしてください。

手でじんわり抑えこむようにすることで、有効成分が浸透しやすくなり、手の圧力で密着度も高くなります。

食生活の改善

食生活を改善することで内部からスキンケアをすることができます。

逆に普段から食生活に気を使っている人は、肌トラブルも少ないのではないでしょうか?

食生活を改善すればお肌の美容だけでなく、体全体に良いことだらけなのでおすすめです!

乾燥肌に良くない食べ物

・インスタント食品

インスタント食品に含まれている添加物が肌トラブルを引き起こす原因となります。インスタント食品に大量の炭水化物や脂質が含まれています。これらの成分を大量に摂取する

ことによって、体内で上手く消化できなくなり新陳代謝が悪くなります。お肌の美容にとって新陳代謝を促すことは大変重要で、結果肌トラブルを引き起こしてしまいます。

・刺激物

香辛料やチョコレート、カフェインなどの摂取のし過ぎは厳禁です!これらはお肌が刺激を受けるとともに、胃が荒れてお肌にも悪影響を及ぼします。

もちろん摂りすぎなければメリットもある食材なので、ほどほどに摂取するようにして下さい。

これらの食材や成分が多く含まれるものはなるべく避けるようにしましょう。

乾燥肌を予防する

お肌の美容を保つためには、自身が本来持っている保湿力を大切にする必要があります。

本来持っている保湿力を発揮していればバリアー機能が働いて、外からの刺激にも耐えられる肌が作られます。

生活習慣を見直すことでストレスを軽減し、規則正しい生活とバランスの良い食事をとり

人間が本来持っている保湿力を十分に引き出してください。

そうすればきっと冬の乾燥にも負けない健康なお肌になれますよ♪


TOP