睡眠が大切なんです!お肌のゴールデンタイムってなに?

ミニチュアのエッフェル塔と懐中時計

朝のスキンケアと夜のスキンケアは全く違います!

みなさんは正しいスキンケアが出来ていますか?お肌を綺麗に保つために行うことは変わりませんが、朝と夜では美容のための役割が違うのです。

朝のスキンケアは、日中に受ける外的刺激(紫外線や乾燥、ホコリなど)からお肌を守るために行います。

一方夜に行うスキンケアは、日中に受けたダメージを癒し、お肌の生まれ変わりを助ける役割があります。

お肌の美容のために朝には朝用の化粧水や保湿クリームを、夜には夜用のナイトクリーム

を使うようにしましょう。

もちろん朝、夜どちらも怠ってはいけませんが今回は特に夜のスキンケア、「ナイトケア」についてお話ししたいと思います!

夜のスキンケアは超大事!!

人間の体は睡眠をとっている間に、脳下垂体と言われる部分から成長ホルモンが分泌されます。

この成長ホルモンが分泌されることにより、古くなった細胞が新しい細胞へと生まれ変わります。

つまり、新陳代謝を促進する役割が睡眠にはあるのです。

この睡眠によって成長ホルモンが分泌され細胞が生まれ変わることが、お肌の美容にとってはとても大切なのです!

睡眠時に成長ホルモンがたくさん分泌されることをゴールデンタイムと呼び、このゴールデンタイムにナイトクリームなどを使い、

適切なケアをすることがお肌を綺麗に保つ秘訣なのです!

ゴールデンタイムは夜の10時から深夜2時まで?

成長ホルモンがたくさん分泌される夜の10時から深夜2時までがお肌のゴールデンタイムとされてきました。

お肌を綺麗に保つにはゴールデンタイムにナイトクリームでケアを行い、睡眠をとることがお肌の美容には重要だとされてきました。

しかし、どうやらそれは間違いだということが、最近の研究で明らかになってきました。

大切なのは寝る時間帯ではない

もちろんしっかり睡眠をとることは成長ホルモンを分泌させ、新陳代謝を促進するので、お肌に良いことは間違いありません。

しかし、間違っているのは時間帯だったのです!

人間の体はみんなが同じタイミングでおなかが減ったり、眠くなったりするわけではありません。

人によって違いがあります。時間によって睡眠を取るタイミングを決めるのではなく、入眠後の3時間をいかに快適に過ごすかによってお肌の美容に差が出てくるのです。

快適な睡眠時間を過ごすには

現代人の多くは様々な理由から睡眠が浅くなってきているといわれています。

中でも、スマホやパソコンから放出されている、ブルーライトが良質な睡眠を妨げる大きな原因となります。

このブルーライトを浴びていると、脳が昼だと勘違いして覚醒状態から中々抜け出せず、中々寝付くことができなくなってしまいます。

寝る前にはスマホやパソコンには触らずに、部屋を暗くして眠気を起こしやすいように努力してください。

寝る前にスマホに触るのが習慣付いているという方もいらっしゃるかもしれませんが、お肌の美容のためにグッと我慢してください。

睡眠前の食事は避ける

体は眠っていても胃腸が消化のために活動していると、脳も同時に活動してしまいます。

少なくとも睡眠の2時間前、できれば3時間前から食事はとらないように心がけてください。

お肌の美容を手助けするだけでなく、肥満防止にもなるので一石二鳥です!

ナイトクリームでさらなる美肌を!

生活習慣を改めるだけでなく、ナイトクリームなどのスキンケアグッズを適切に使うことで、さらなる美肌に期待ができます。

ナイトクリームには肌に保護膜をつくり、お肌の乾燥を防ぎながら、お肌に必要な成分を届ける効果があります。

ナイトクリームを使用する際には洗顔をしっかり行い、肌を清潔な状態にしてから使う必要があります。

日中に受けた紫外線や大気の汚れ、摩擦、乾燥による肌ダメージは、シミやしわ、乾燥、くすみなどの肌トラブルの原因となります。

それらのダメージを回復させるためには質の高い睡眠とともに、ナイトクリームを使いしっかりダメージ回復の手助けをしてあげる必要があります。

これからだんだん寒くなりお肌の乾燥が気になる季節です。

適切なスキンケアを心がけ肌トラブルを未然に防ぎ、いつまでも健康で美しい肌をキープしていきましょう!


TOP